4607 プエルトアリカンテ シラーズ 750ml

4607 プエルトアリカンテ シラーズ  750ml
4607 プエルトアリカンテ シラーズ  750ml

こちら、神戸のスパイスを輸入する商社
のワイン部門が扱ってる商品です。スパ
イス屋さんがセレクトしてるんで、シラ
ーズらしいスパイシーなニュアンスも、
いつもよりいい感じにおもえたりします。
産地は、スペイン南東部のアリカンテ地
方です。
晴天が多く、日差しの強い環境に鍛えら
れた、真っ黒な果皮に育ったシラーズの
豊かなタンニンと、煮詰めたような凝縮
感の果実味に、熟成で使われた樫樽のバ
ニラのニュアンスが感じられます。
とてもリッチな味わいのワインです。
こちら頭髪のボリューム維持のために毎
日食べてる目玉焼きと合わせています。
ワインと目玉焼きって、合うの??
そうなんですよね、塩胡椒で食べると、
イマイチの相性・・・
しかし、調味料を見直せば、めっちゃ合
うんですよ。
オレガノとカレーパウダーとを塩胡椒に
加えると、劇的にワインとの距離感が縮
まります。
今、54歳なんですけど、50歳になっ
た頃から髪の毛が細くなりまして、ある
時鏡を見たら、地肌が透けてるんですよ
ただ、黒汁を飲み続けているんで、抜け
毛はありません。
抜け毛が無いなら、ハリコシを改善すれ
ば、危機は回避できる!→で、いろいろ
調べて、卵黄ペプチドが効くと分かって
目玉焼きとなりました。
どうせ食べるなら、ワインと合わせたい
じゃないですか^^
オレガノとカレーパウダーで、かなりい
い感じになるんでお試しください^^
こちらは、いつものアルデンテな仕上が
りの野菜炒めです。今回の肉気は、鹿肉
です。
鹿肉って、生の状態だと、赤くて脂肪
ないんです。
食べてると、これぞダイエットフード的
な、いかにもタンパク質を摂ってるな、
って感じの味わいなんですよ。
ホント、油脂分の旨味が無いんです。
こういう「野趣あふれる」料理に合うの
がシラーズなんですよ。
鹿肉の鉄っぽいニュアンスに加え、野菜
の青っぽいニュアンスが赤ワインとの相
性を盛り上げてくれてます。ワインって
特に重い目の赤は、肉類と合わせられる
事が多いんですが、大文字屋は、敢えて
の青っぽいニュアンスの野菜と合わせて
ます。
ワインも農産物なんで、野菜との相性も
いいと思うんですよね。
青っぽいエグみを上手くいなして、美味
しく仕上げるの面白いですよ^^

¥1,200

在庫1個

数量

個人的にラテン圏内の国際品種って、ハズレが無い気がします。最近は、そうでもないですが、トスカーナのワイン、そこそこな価格のネッビオーロが、シャバシャバした薄い味わいなのに対して、カベルネやメルローのワインが美味しかったんですよね。最近のトスカーナって、美味しさの価値観が変わったのか、大文字屋の好きな味わいに変わってきてます。このスペインのシラーズも「ラテン圏内の国際品種」です。美味いんですよ^^

レビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 全て必須項目です。