1672 サンタアリシア ピノノワール レゼルヴァ 750ml

1672 サンタアリシア ピノノワール レゼルヴァ 750ml
1672 サンタアリシア ピノノワール レゼルヴァ 750ml

サンタアリシア ピノノワール レゼルヴァ 750ml
商品コード:1672
カサブランカヴァレー ピノノワール100%
2011年はエレガントなファーストアタックがあって、洗練を感じます^^ 梅な赤まろやか 晩酌
チリのピノでこの値段??ご安心ください!飲んでから販売してまっせ!

¥1,200

数量

カテゴリー:, ,

んでからる」がキホンです!!☆ザクっ味わい☆
イチゴを思わせるキュートな酸味がイイです^^
ちょこっと感じる果皮のミネラルが
味わいを〆てます。
合わせたい料理は、
甘辛系で、豚バラのトマト煮込み、トリッパ、
スペアリブのグリル、カスレなんかもいいですね。       
下の画像にはクックパッドのレシピへとリンク
が貼ってありますんで、参考にして下さいね~
   
   
試飲会画像は、なんともあっさりしたボトル
です。試飲会が開催されていた2013年の
2月頃は、ワインがコンテナに詰められて太
平洋上を輸送中で、試飲会には、中身は同じ

ものがサンプルとして空輸されてました。このワイナリーのワインは、メルローや、カ

ベ・ソー、シャルドネ、ソーブラとラインナ
ップされていてどのセパージュも価格以上の
味わいだったんで、期待感も高まって試飲に
臨んでましたね。
まず、価格です。
1000円台の前半??マヂですか??
大体相場として、
チリのピノでレゼルヴァと表示のあるワイン
は、1600円くらいなんですがね・・・
大丈夫なん?

と疑問を差し挟まざるを得ません^^2011年ですか・・・

けっこうこのヴィンテージを境にチリのピノ

は、味わいが変わってるんですよね。
このワインなんですが、ワインの色合いも薄
く透き通ってます。見た感じでは、濃厚な味
わいではなさそうです。
色合いを確認しましたら、香りをチェックし
ます。空気とふれあってしばらくすると、グ
ラスからキュートな酸を含んだ香りがたって
きます。落ち着いた見た目からはちょっと異
質な感じですね。
口に含みますと、最初、ごく軽いミネラルの
苦渋味を感じます。しかし、ワインが体温で
温まると、ミネラルは姿を消し、青さの少し
残るイチゴのイメージの酸を感じます。
少しの青さが、シリアスな印象を上手く演出
していますね。このシリアスさも、数秒で姿
を消して、完熟したイチゴの酸に変化してい
きます。完熟したと表現するにふさわしい、
果実甘さも見えてきます。
価格の安いワインでも、その美味しさの本質
は、酸なんだと雄弁に語ってきますね。ワインをグラスに注ぎ、
グラスからたってくる香りを嗅いで、
それを口に含み、、じっくり味を探っていく。それぞれの局面で、変化するワインの表情も
楽しみのうちですね。

味わって飲んで下さいませ。ピノと言う素材にフォーカスしてワイン4本と、

お米関係5kgで送料無料のセット提案です。

←リンクで~す!

このワインは、2011年を境に、
味わいがコロッと変わりましたね。
元々は酸の穏やかな、柔らかな
果実味が支配的で、色合いも濃厚でした。
現行ヴィンテージは、サンタピノと同じニュ
アンスの味わいです。

 

←リンクで~す!

上のピノノワールに、シラーズ
を15%ブレンドしたワインです。
開く前の果実味優勢なシラーズ
の特性を上手く利用しています。

 

←リンクで~す!

このワインが、一番上のチリのピノを扱
い始めたときの味わいに、一番似てます
かね。強い酸を持たない柔らかな、ふん
わりした果実です。最大公約数的にオイシイ?
まぁ、いいぢゃないですか^^

レビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 全て必須項目です。