2 シャトー ペスキエ キュヴェ・テラッセ 750ml

2 シャトー ペスキエ キュヴェ・テラッセ 750ml
2 シャトー ペスキエ キュヴェ・テラッセ 750ml

シャトー ペスキエ キュヴェ・テラッセ 750ml
商品コード:2
コートデュローヌ地方 ACヴァントウ グルナッシュ70%+シラー30%
濃厚な味わい、コレが「ローヌの旨い」の基準!パーカー好み^^ 晩酌 梅な赤まろやか
ローヌの美味しいってコレ!

¥1,480

数量

カテゴリー:, ,

んでからる」キホンです!!
☆ザクっ味わい☆
そこそこ濃厚で、しっかりした苦味が感じれ
ます。しかし、舌の根っこを締め付ける苦渋
やミネラル感は軽めで、飲みやすいです。
大ぶりのワイングラスで、空気と触れ合わせ
て時間をかけて楽しんでください。
合わせたい料理は、ズバリ南仏系。豚肉メイ
ンで調理法は、煮込みやグリルなど。ホルモ
ンをトマトベースで煮込んでトリッパ風もい
いですね。

下の画像には、クックパッドのレシピへリンク
が貼ってありますので、参考にしてください。 

   

 

   

 

セパージュは、グルナッシュが70%で、シラー
が30%です。葡萄の完熟度が問題でしょうが、
シラーが、逆の比率なら、最大公約数なワイン

にならなかったかも?です。果実味優先で、タンニン少々のグルナッシュを

多くして、タンニン優先のシラーを少なくして
る、このあたりのバランスが、最大公約数の所
以なんでしょう。
これで終わりだったら、ツマンナイワインなん

ですが、そんなことが、あろうはずも無くです^^あまりにも最大公約数な基準で、個人的には、

モヒトツなんですけど、ロバート・パーカーさん
の超有名なあの本、ワイン・アヴォケイトの評価
ポイントが高いんです。2005ワイン・アドヴォケイト90pt(NO169 Feb2007)
2005ワイン・アドヴォケイト92pt(NO175 Feb2008)
2006ワイン・アドヴォケイト90pt(NO181 Feb2009)
2006ワイン・アドヴォケイト90pt(NO178 Aug2008)
2007ワイン・アドヴォケイト91pt(NO183 Jun2009)
2009ワイン・アドヴォケイト90pt(NO190 Aug2010)

だから、「美味いのか?」なんですけどね^^

実際この価格帯で、この得点。
これってスゴイですよ。

さて、このワインの味わい、
これが、まさに「ローヌの美味い」のモノサシです。
極端な言い方だと、「スプ~ンですくえる」ような

ワイン。大文字屋的言い方なら、「ケチャップ」の
ような。
グラスを光にかざしても、当然、向こう側は、見え
ません。とびっきり濃厚な果実感を伴って、口腔を
通り過ぎ、感じる後味は、樽のニュアンスです。
ヴァニラとか、たばこ、レザーなんかですね。
あくまで「ニュアンス」です。
皮ベルトの味がリアルにしたら、悲しいですし、
それを売って「しまった」と後悔するのは嫌ですし^^誰にでも受け入れられて、それでいて、積極的に
「味を探れば」発見がある。このあたりが、大人
気である理由でしょう。ローヌのワインの特徴である「獣」のニュアンス、
これも、完備されてます。
リアルに獣の味が、って、獣ってどんな味???
平たく言えば、シャウエッセンとかのイメージです
かね^^
お肉の脂、その香ばしさなんかです。このワイン
には、意識して味を探る事、前提ですが、ちゃん
とあります、獣のカンジが。
大文字屋サン、これって美味しいワインなん?ハハハ、獣って、あくまで「隠し味」ですから^^冗談は、さて置き、このワインのバランス感って
秀逸ですよ。まぁ、飲めばわかる。なんや、この長ったらしい、ど~でもエエ話は!
結局「飲めばわかる」って!まぁまぁ、そう言わずに、
飲めばわかります^^

レビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 全て必須項目です。