6045 トートワーズクリーク シラー+ムールヴェードル 750ml

6045 トートワーズクリーク シラー+ムールヴェードル 750ml
6045 トートワーズクリーク シラー+ムールヴェードル 750ml

トートワーズクリーク シラー+ムールヴェードル 750ml
商品コード:6045
ラングドック&ルシオン シラー60%ムールヴェードル40%
新規で仕入れたのを飲みました!なかなか行儀いいじゃないですか! 晩酌 梅な赤骨太
久々に呑んでみました!限界のタンニンですが、バランス、ギリ取れてます!

¥1,200

数量

カテゴリー:, ,

ザクっと味わいパワフルで飲み応え系!
合わせたい料理は、肉料理全般。煮ても、焼い
ても問題なし。レバーもいいね^^スパイシー
な味付けとホルモン系は特にハマります!
下の画像は、クックパッドのレシピへとリンク
しています。ぜひ参考にしてくださいませ。

   
   
このトートワーズクリークってブランド、かなり前から
あるんですよね。大文字屋が酒屋専業になった
2001年ころから?あったんじゃないかなぁ~
 
当店が本格的に扱いだしたのは、10年前くらい?
実は、ちょっと前まで2010年が在庫であったん
です。でも、この2010年は、良く商品にしたな!?
ってくらいのタンニンが凄まじいワインだったんで
すよ。でね、シラーのワインのオヤクソク、注いで即の、
結構可愛らしい果実味から、ワインが空気と触れ
合い開きだすと・・・・
舌の根っこの唾液腺がしびれて、パタっとグラスが
止まります。舌の感覚も完全にマヒしてしまう、そん
なワインだったんです。それでもいいっておっしゃる、
コアな飲食店が使って下さってました。凶暴なレスラーの凶器攻撃を思わせる2010年の
在庫が無くなりインポーターに注文を入れまして、
この2011年が入荷してきたんです。「飲んでから
売るが基本です」と鼻・パンパンで謳ってるんです
から、飲まないとイカンですよね^^
で、先日、

手羽元のトマト煮
と合わせました。
画像は、左上のボトルの画像にカーソルをあわせ
ば、見れます。このトマト煮には、最終豆板醤でス
パイス感を加えてるんで、アテとして成立しますが、
もし、豆板醤を入れなかったら、トマトの甘さや酸
味だけだと、少々役不足だったと思います。そこで、シラーのタンニンと戦わせるなら、絶対、
/

牛もも肉のデミグラス仕立て
とか、/
肩ロースの黒胡椒がけ
なんかの方が、合わ
せやすいと思います。あっ、上の煮込みの方は
、圧力鍋がいったり、調理時間が長かったりなん
で、お手軽にロース肉を強火で焼いて、胡椒たっ
ぷりのほうが良かったり^^

あと、カレーのスパイスもイケるんで、カレー風味
のお肉とかもアリです。

実は、かなり楽しめるワインなんですよね^^

レビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 全て必須項目です。