754 ヴィラ マリア プライヴェート・ビン リースリング 750ml

754 ヴィラ マリア プライヴェート・ビン リースリング 750ml
754 ヴィラ マリア プライヴェート・ビン リースリング 750ml

商品コード:754
ヴィラ マリア プライヴェート・ビン リースリング 750ml
マールボロウ地区 リースリング100%
温度と呼応する香りと、味わいの変化が、興しろい(おもしろい) 竹な白辛口
華やかな香りです!冷たいとミネラリーで温度上がると果実味!

¥1,512

数量

ザクっ味わい☆
キンキンに冷たくして下さいね~
ワインが冷たいと、適度なミネラルの苦渋が、
唾液腺を刺激して食欲がわきます。
口の中に入って2秒でシャープな酸が弾けます!
記憶に「深く刻まれる味わい」☜ホント。      
合わせたい料理は、豚、鶏、魚を
デミグラ以外で味付たもの。
白身魚のフライ、鶏の唐揚げ、
クレソルを使った炒め物など。

下の画像はクックパッドのレシピへとリンク
を貼ってますんで、参考にして下さいね~
      

 

      
ソービニオンブランとの出会いも、
かなり鮮烈でしたが、
この、リースリングとの出会いも、
印象に深く刻まれるものでした。「リースリングって、甘口とちゃうん?」と、言う人も、まだまだ多いんじゃないでしょうか?

リースリングの甘口の本家と、
「勝手に思い込まれてる」ドイツも、
実は、65%が「いわゆる辛口」なんですね。
「いわゆる」とは、やや辛口も含むからです。
「いわゆる辛口」の中で65%が、
ガチな辛口なんですって。
単純に、輸出されているワインに
「甘口が多い」だけなんですって^^

当店も、2004年ごろから
ドイツのドライリースリングを
本格的に扱うまでは、
リースリング⇒甘口って、思ってました^^

このワインを試飲会でテイスティングする前に、
すでに、クラウディベイのソーブラの
旨さを知ってましたんで、
期待感も高らかに・・・

「ほ~ニュージーのリースリングでっか・・・」と

片頬に笑みを浮かべつつ、
ワインをグラスに注ぎまして、

「まずは、香りをば・・・」と、

鼻を近づけて、もうビックリ!

ライムの酸味を連想させる香りがしてくるん

です。ここまではっきりライムを主張する香り
って正直、初めてでした。
「なぁ、ニイチャン、サワヤカやろ、ライムやで!」
と、グラスから聞こえてきそうな勢いでしたね。おもむろに、ワインを口に含みます・・・温度が低いとミネラルを感じるシャープな味わい

ですね。ここからグラスの中で空気と馴染んで、
温度も上昇してくるとスイッチが入ったかのよう
に果実感がバクハツするんです。なんと、ボリュ~ミーなんでしょか!
思わずつぶやいてしまった事を思い出します。勝手な思い込みかもしれませんが、ドイツの

ドライリースリングは、いい意味での雑味が、
無い印象です。
誤解を恐れずに言うと、無さすぎなんですね。
もう少し、苦味、渋味なんかがあっても
いいと思うんですけどね。樽熟シャルドネなんかにある
トーストのニュアンスで感じるボリュームとは
完全に異質なボリューム感ですね。とてつもなく大量の果物を、
グイグイ口に詰め込まれて・・・
↑    ↑
グイグイって、おいしいんですかねぇ?

僕は、こういうの、かなり好きですよ!
グイッと来る、柑橘系の、酸味と苦味が少々。
唾液の分泌が、促進されるんで、
とにかく何か食べたくなりますね^^

何、食べます?
手軽に、アヒージョでも^^←検索してください。

 

九条ネギのアヒージョ by大文字屋 

和なテイストです。
ジャコの塩気だけで、味わいバッチリでした^^

 

レビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 全て必須項目です。