766 ヴィーニャ ウィリアムフェーブル エスピノ シャルドネ 750ml

766 ヴィーニャ ウィリアムフェーブル エスピノ シャルドネ 750ml
766 ヴィーニャ ウィリアムフェーブル エスピノ シャルドネ 750ml

ヴィーニャ ウィリアムフェーブル エスピノ シャルドネ 750ml
商品コード:766
マイポヴァレー シャルドネ100%
チリのシャルドネって、キナ臭くて、甘ったるくなると思ってるでしょ^^ 竹な白辛口
チリのシャルドネって・・・
↑↑まだそんな事↑↑言う?ダレませんよ、コイツは^^

¥1,462

数量

カテゴリー:, ,

☆ザクっ味わい☆
キンキンに冷たくして下さい!
ワインが冷たいと、適度なミネラルの苦渋が、
唾液腺を刺激して食欲がわきます。
温度が上がリ始めると、
硬い青々としたライムを思わせる酸が弾け、
レモンの酸味、
グレープフルーツの柔らかな酸味、
と変化し、分厚い旨味へ落ち着きます。

合わせたい料理は、豚、鶏、魚を
デミグラ以外で味付たもの。
白身魚のフライ、鶏の唐揚げ、
クレソルを使った炒め物など。

下の画像にはクックパッドのレシピへのリンク
を貼ってますんで参考にして下さいね~

      

 

      
表題にある通り、チリのシャルドネは、
樽を使ってるワインが多いですね。
で、その味わいの方向付けが、デフォルメされ
た様に極端^^
確かに試飲会で、よく口にする味わいですよね。
でも、そういうワインは、大文字屋の好みから
外れるんで、まず仕入れませんけどね^^
さて、このエスピノですが、こいつは、発酵か
ら熟成まで終始ステンレスタンクが使われてい
ます。なので、酸がビッとキレた感じです。
これについては、MLF、マロラクティック発
酵がなされてないのも要因の一つでしょう。
ん??マロなんとかってワカラン??
ですよね、ですよね^^
平たく言えば乳酸発酵です。
乳酸菌が、シャープなキレた味わいのリンゴ酸
を、まろやかな乳酸に変えるのがMLFなんで
すが、このワインは当たり前ですが、乳酸菌も
添加しませんし、低温で発酵させるんで、リン
ゴ酸も温存されてるんですよね。
キンキンに冷たいところから呑み始めると、温
度に呼応する味わいの変化が楽しいワインです。
最終甘ったるくダレないんで、
次のひとくちがススミます。
箸を止める事の無いナイス食中酒なのでした。

 

レビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 全て必須項目です。