4602 LAZOS アマローネ デル ヴァルポリチェッラ 750ml

4602 LAZOS アマローネ デル ヴァルポリチェッラ 750ml
4602 LAZOS アマローネ デル ヴァルポリチェッラ 750ml

LAZOS アマローネ デッラ・ヴァルポリチェッラ 750ml

イタリアの高級ワインといえば、バローロであり、バルバレスコですよね。
しかし、アマローネも忘れちゃいけないですよ。
バローロとバルバレスコは、北イタリアのトスカーナで作られてます。
アマローネは、トスカーナのさらに北に位置するヴェネト州のヴェローナで
作られています。
アマローネは、ヴァルポリチェツラ・クラシコ格付けの畑で獲れたブドウの
みが使われています。品種は、コルビーナがメインで、これに加えて、コル
ビオーネ、ロンディネッラが使われています。
アマローネ、イタリア語で「苦い」と命名されたゆえんは、もともとヴァル
ポリチェツラ・クラシコの畑では、レチョートと呼ばれる甘口のワインが作
られていました。これとわかりやすく区別をする意味で、甘いの逆・・・
逆なら辛いですが^^ま、苦いほうのワインってことで、アマローネと名づ
けられました。
アマローネで使われるコルビーナって品種は、チェラズオーロ、イタリア語
でサクランボと呼ばれるワインにも使われている通り、フレッシュな酸味と
チャーミングな果実味が味わいのメインになります。
アマローネは、というと、コルビーナを水分量が40~45%になるまで陰
干ししてから搾汁して、発酵を始めます。物理的に濃度が上がった果汁を使
っているので、濃厚で複雑味のあるワインに仕上がります。
陰干しの工程は、アパッシメントと呼ばれます。この工程は、とにかくカビ
の発生を抑止せねばならず、きめ細かな温度と湿度の管理が必要となります。
イタリアのワイン法上の規定だと、発酵完了後、樽熟成が2年以上必要で、
瓶詰後さらに半年の瓶内熟成をさせてからでないとアマローネと名乗れない
ようになっています。
とにかく、原価のかかるワインなのです。
陰干しからの仕込みなんで、普通に仕込めば、チェラズオーロな果実味満載
のワインにならず、しっかりしたコクと味わいの深みを持ったワインに仕上
がっています。
果汁内の糖分がしっかりとアルコールに変えられているので、ワインにして
はアルコール度数が高めの15°と、飲みごたえ感もあります。長期間の樽熟
成に由来する官能的な苦みとバニラのニュアンスは、思わずグラスを二度見し
てしまうほどです。
練れたバニラ香りと交錯する、酸を含んだカシスを思わせる香りが、なんとも
リッチでパワフルな印象です。
合わせるフードは、押しが強いもの。イノシシや、鹿なんかの癖のあるジビエ
やゴルゴンゾーラなどのブルーチーズや、その味わいをもった料理、例えば、
ゴルゴンゾーラソースのカルボナーラとか。黒コショウたっぷりかけてズルズ
ルと^^
ジビエって、あんまり身近な感じしませんが、通販で手軽に買えるようになっ
てるんで、トライするのもアリですよ~

¥3,300

数量

カテゴリー:,

バローロやバルバレスコもいいんですが、陰干しした濃厚な果汁で醸すアマローネも、なかなかの深いあじわいですよ~

レビューを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 全て必須項目です。